地元民が語る!恐竜博物館見どころ8選!

地元民が語る!恐竜博物館見どころ8選!

福井県立恐竜博物館。
それは福井県、いや日本が誇る世界三大恐竜博物館です!
最近では2018年の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が公開されますます注目度アップ!
この夏休みに子供を連れて福井県立恐竜博物館へのお出かけを企てている方のために地元民が見どころをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

と、その前にまずは「ふくいdiary」らしく、まとめから!

●おすすめ旅人
・ファミリー ☆☆☆☆☆
・恐竜好き  ☆☆☆☆☆
・大人だけでも ☆☆☆☆
●いいところ
・とにかく満足度バツグン!大人から子供まで楽しめます!
(これが突き抜けています!)

●悪いところ

・お盆やゴールデンウィークは混雑や渋滞が発生

・食事がとれる施設が少ない

恐竜博物館ってどんなとこ?

なぜ福井に恐竜?

まず初めに、「なんで恐竜博物館が地味な福井県に?」ってとこからです。
実は福井県、特に勝山市は恐竜化石発掘のメッカ。
日本の恐竜化石の約8割がここから発掘されているといわれています。
勝山市には手取(てとり)層群と言われる中生代の地層が広がっており、むかしむかし群れを成していた恐竜たちや、ワニやカメなど多くの化石が見つかっています。
近くの「恐竜の森 化石発掘体験」や「野外恐竜博物館 化石発掘体験」では、子供たちも恐竜の骨やワニの歯など貴重な化石を発掘することも!

ロマンですね~

 

恐竜博物館があるとことは?

場所は福井県勝山市、長尾山総合公園の中。
長尾山総合公園は、恐竜博物館の他にもアスレチック広場や、等身大の恐竜がウォークスルーで味わえる「ディノパーク」など盛りだくさん。
ここの楽しみ方は、またご紹介しますね!

長尾山総合公園 かつやま恐竜の森

恐竜博物館の見どころは?

見どころ①異世界に降りるエスカレーター

恐竜博物館の造りは、入り口が地上1階、そして展示は地下3階から始まります。
そこで入場してすぐにエスカレーターで地下3階まで下るのですが、それがすごいっ!

異空間に吸い込まれるように、あるいは恐竜の棲む世界に舞い込んでいくようにどんどん下っていきます。
息を飲むこの演出…。
それもそのはず、この博物館の設計は世界的にも有名な「黒川紀章」さん!(http://www.kisho.co.jp/page/11.html
納得です。これが大人も楽しめると言われる(勝手に言っているだけですが…)ゆえんです。

 

見どころ②迫力満点!動くティラノサウルス

エスカレーターを下り終わって、「ダイノストリート」と呼ばれる通路を過ぎると現れるティラノサウルス。

動きます。吠えます。
このリアルな動き、泣き出す子供たち多数。
舐めてかかった来場者の出鼻を挫くのこクオリティ。
ここで大人の方も考えを改めさせられるでしょう。

 

見どころ③リアルに駆け回る風景を映す対面スクリーン
写真の両サイドから恐竜が駆け回っている風景が映し出され、もう一方のスクリーンに走っていきます。
対面スクリーンの真ん中にいると、まるで恐竜たちに狙われているみたい!
込みあっている日は、震えあがっているのか見とれているのか、立ち止まる人が多く大変です…。

 

見どころ④恐竜の世界に迷い込んだような巨大ジオラマ

等身大(?)の恐竜がジャングルを闊歩していた様子を表現したこのエリア。

写真では伝わらないかもしれませんが、めっちゃでかい…。全長20mとオメイサウルスが木の草を食べています。


こちらはかわいいシュノサウルスの親子。
他にもまだまだ恐竜たちの世界を感じれるこのゾーンは、博物館の中でも有数の人気エリアです。

 

見どころ⑤太古の海の骨格展示

ここは個人的に好きなゾーン。

海に住んでいたであろう恐竜の骨格展示です。

このウミガメみたいなのが私のオススメ骨格。
「アーケロン イスキロス」という名前の史上最大級のウミガメ。
全長何と5mもあります。
理由はありません。なぜか好きです。

 

見どころ⑥化石発掘の最前線?化石クリーニング室

化石って、ほぼ石です。石の中から化石をとっていきます。
硬い石を削り化石を取り出す作業はとても繊細。
でも、どうやって取り出しているのかって見ること無いですよね?
そんな化石クリーニングの様子を、ここ恐竜博物館では見ることができます。

子供たちは釘付けになること間違いなし!
大人も知的好奇心をくすぐられるスポットです。

 

見どころ⑦子供向け研究所!?ダイノラボ


親子で楽しく学べるスペースが「DINO LABO(ダイノラボ)」


カラフルな設問BOXが子供たちのやる気と好奇心を誘います!

 

さらにこのスペースには階段があり、恐竜骨格が展示。

間近に恐竜を感じることができますよ!

 

見どころ⑧恐竜博物館に来た記念に!恐竜博士とツーショットを

恐竜博物館出口を出て、左側にある丘に登ると恐竜博士がベンチに座っています。

賢そうな恐竜博士は、現代の人間の行いをどのように思っているのでしょうか?
人間ならではの愚かさを嘆いているのでしょうか?
まあ、そんな思慮は置いといて、人間らしく写真を撮りましょう!SNSにアップしましょう!
最後にフォトスポットのご紹介でした。

 

レストランやお土産は?

恐竜博物館の中には「ミュージアムショップDINO STORE」が。
恐竜博物館オリジナル商品も多数ラインナップされていますが、圧巻は恐竜フィギアの数!

写真の中には収まり切りません。
子供たちの「買って買って」攻撃は覚悟しておくべきでしょう。
大人も子供もきっと記念の一品が見つかるはず。
土日は込み合いますが、ここでしか買えないものを求めて、必ず立ち寄りましょう!

レストランは「DINO CAFE」。
ご当地メニューもありますが、せっかくここに来たからにはオリジナルの恐竜メニューをご賞味あれ。
ここも込み合っていますが、子供達には思い出に残るメニューばかりでしょう!
メニュー表

 

夏休み来場者必見!恐竜博物館攻略法!

さて、いろいろ紹介してきましたが、ゴールデンウィークやお盆、3連休などはとにかく混みます。
2019年のゴールデンウィークは10連休でもあったため、駐車場に停めるまで3時間かかったなんてことも…。
せっかく福井に来てもらったからには思いっきり楽しんでもらいたい!
ということで、後日なるべく渋滞に巻き込まれない時間やパークアンドライド情報など、攻略法を紹介しますね♪

 

施設情報

 


施設情報

●施設名  福井県立恐竜博物館
●URL    https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
●TEL   0779-88-0001
●駐車場  あり(無料)
●トイレ  あり(シャワートイレ)
●フリーwifi あり

 

さて、夏休みは親子に大人気の恐竜博物館ですが、7/12(金)からは特別展も開催!
こちらも後日紹介します。