勝山の名店!ソースカツ丼を喰らおう!

勝山の名店!ソースカツ丼を喰らおう!

さて、今回は恐竜博物館からも近く、福井のソウルフード“ソースカツ丼”をご紹介♪

ソースカツ丼自体は、いろんなメディアに取り上げられ、ご存じの方も多いのでは?

「福井 ソースカツ丼」とググると出てくるのは、「ヨーロッパ軒」「ふくしん」など著名人色紙が多く飾ってあるお店。
ただ、勝山にもそれに勝るともとも劣らない名店があります!
地元民にも愛され、私も大好きなその名は「グリルやまだ」。
月に1回は足を運んでしまうこの名店のご紹介は、自然と力が入ります。

 

さて、まずはまとめ

●おすすめ旅人
・ご当地メニューを食べたい方 ☆☆☆☆☆
●いいところ
・とにかく美味しい!(個人的感想です…)
・恐竜博物館から近い
●悪いところ
・土日は混んでいる(1時間待つことも…)

・駐車場が狭い

ということで、さっそくリポート!

 

まずは、この外観。

黄色い建物で、喫茶店的雰囲気。
駐車場は狭いのでご注意を。

 

さて、店内は明るい雰囲気で、テーブル、カウンター席など合わせて30席ほど。

 

メニューはこちら。

ソースカツ丼は左上の「かつ丼」と書かてれいるもの。

 

ベテランの私はいつも、定番のソースカツ丼以外に挑戦しようかどうか自問自答しながらメニューを開きますが、結局は「ソースカツ丼」に。
そしていつも通りのどんぶりが目の前に到着。

 

蓋を開けるとツンした甘味&酸味が香ります。

 

 

食欲をそそるいるもの香りを堪能した後、いよいよ丼に手をのばし…
いや、その前にソースカツ丼のベテランらしく、3つあるカツのうち2つをどんぶりの器に移すひと手間。

(矢印が器に移したカツです…。見切れていてスイマセン…)
この作業を行っている客人は、間違いなく食べ慣れています。
その風景を見た店員さんは、きっとアナタを見る目が変わるはず…。
これでソースがかかった白米も顔を出し、さらに食べやすく。
薄切りの豚ロースカツに細かいパン粉をまぶしたカツは、脂っぽさがなく軽い触感。
それをご飯とともにかき込むと、心のそこから「んっまい!!」
感動の味です!

 

伝わります?伝わりますよね?
まあ、ともあれぜひ一度ご賞味ください!

さてグリルやまだのソースカツ丼には、小・中・大の3種類があります。
小はカツが2枚で小食な女性向け。ただ、ソースカツは卵カツ丼などよりあっさりしていて、カツも薄いので女性でも中・大いけちゃいますよ。

 


施設情報

●施設名  グリルやまだ
●URL    なし
●TEL   0779-88-5656
●時間   11:30~14:00 17:30~20:00
●定休   月曜日
●駐車場  15台程度
●トイレ  あり
●フリーwifi なし

 

土日祝日はめちゃくちゃ混みます!
来勝(勝山に遊びに来ること)の際は、時間に余裕をもってグリルやまだに来てくださいね♪